ソフトバンク、911T

ソフトバンク、911T

ソフトバンク携帯、911T(東芝製のW-CDMA端末)は3月17日に発売されます。

911T の機能、特徴は多くあります。

ワイドVGA(480×800ピクセル)表示対応の3インチワイド液晶
A2DP対応のBluetooth、1Gバイトの内蔵メモリ、
手ブレ補正機能付きの324万画素カメラ
S!FeliCa
HDSPA規格で下り最大3.6Mbpsでの通信が可能な3Gハイスピードに対応



911Tはサイズ(幅×高さ×厚み) 約51×112×17.9ミリと薄く、
重さも約145グラムと、スタイリッシュなスライドボディーとなっています。

その他にも、

連続通話時間 約140分
連続待受時間 約330時間

アウトカメラ 有効324万画素CMOS
インカメラ 有効32万画素CMOS
メインディスプレイ 3インチVGA液晶(480×800ピクセル)
サブディスプレイ

外部メモリ
microSD(別売り/最大2Gバイト)

以上のような機能も装備しています。

ボディカラーは、ブラック、シルバー、ホワイト、レッド
この4種類。

色の種類はともかく、機能面を見るといままでのソフトバンクでは一番だと思います。
機能性重視される方にとっては、911Tは特にオススメできそうな携帯ですね。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。